しわシミたるみ解消ガイド ~福岡の美容皮膚科篇~ » しわシミたるみに効く最新美容クリニック施術大事典 » プラセンタ注射

プラセンタ注射

最近よく聞くと言う方も多いであろう「プラセンタ」という言葉。実は美容だけではなく、健康面から見ても、様々な効果が期待できるのです。

医療用として使われていることの多い、「プラセンタ注射」ですが、厚生労働省で医薬品として認可されています。

認可されているプラセンタ注射は、「メルスモン」と「ラエンネック」という2種類のものです。

治療のために行うのであれば、保険が適応されますが、美容目的なのであれば、保険が適応されませんので、要注意です。

「プラセンタ」の効果とは?

注射

もっと細かく知りたいという方のためにも、「プラセンタ」の成分についてご紹介します。

プラセンタの成分は、細胞の新陳代謝を促進してくれたり、細胞の増進などに使われることが多いのです。

これらを行うことによって、様々な美容・健康効果が期待できます。

美白・シミ・シワ・たるみ

肌細胞の新陳代謝を促進させることによって、これらの効果が期待できます。

特にシミに関しては、頰の1番高いところにできやすい「肝斑(かんぱん)」に注射を打つと効果が大きいとされています。

生理不順

プラセンタには、「抗酸化作用」が入っています。これには、女性ホルモン「エストロゲン」の血中濃度を高めることができます。

また、これでホルモンバランスが整えられ、生理不順にも効果があるのです。

肩こり・疲労

細胞を活性化してくれたり、血流を良くしてくれるのがプラセンタの働きで、筋肉や関節の痛みを軽減してくれる効果も期待されています。

また、血流、新陳代謝を活性化させられることで、疲れを感じやすくさせてしまう「乳酸」を溜めないようにも働きかけてくれます。

プラセンタ注射を効果的に打つには?

福岡の美容皮膚科でも、プラセンタ注射を取り扱っている美容皮膚科は数多くあります。

しかし、それぞれの技術などによっても、プラセンタ注射で得られる効果も少し変わってくることでしょう。

だからこそ、プラセンタ注射を効果的に打つための方法も知っておくことで、自分に合った美容皮膚科を選ぶことができます。

まず注射薬として治療を受ける場合は、初期療法だと、週に1〜2回受けることをおすすめします。

また、維持療法では2週間に1度のペースがいいでしょう。

正直、1度の治療で効果をしっかり体感することは難しく、ある程度定期的に通う事で、プラセンタを体内に長く留める事ができるのです。

プラセンタ注射を受ける際の注意点は?

さまざまな効果があるプラセンタ注射ですが、やはり注意点もあります。

プラセンタ注射で起こる、副作用って?

まずはじめに気になってしまうのが、プラセンタ注射による副作用ですよね。

美容皮膚科でしっかり研修を受けた知識のあるスタッフに施術をしてもらえるはずなのですし、基本的にプラセンタ注射は、時に「発赤、発熱」などを引き起こす可能性もあるようです。

静脈に投与しないこと

これもほぼほぼないことではありますが、静脈へプラセンタ注射を打ってもあまり効果は期待できません。

なぜなら、すぐに体外へ排出されてしまうからです。

献血には注意すること

プラセンタの原料が、「ヒト胎盤エキス」です。「理論的なリスクは否定できない」ということによって、プラセンタ注射の治療を受けた後は、献血ができなくなるのです。

しかし、プラセンタ入りのサプリメント、ドリンクなど対象外です。あくまで注射のみになりますので、覚えておくといいでしょう。

福岡での美容皮膚科の選び方

クリニック

これは福岡だけに限定して言えることでもないのですが、やはりクリニック内の「清潔感」や「スタッフの対応」などはとても重要になってくるかと思います。

クリニックに入るときも、スリッパ、椅子、そして室内にはゴミが落ちていないか?

そして、スタッフの方も笑顔で挨拶・対応をしてくれるのか?も、美容皮膚科を選ぶときには重要になるでしょう。

また、プラセンタ注射を受けるとなれば、定期的に通うことが大事。

だからこそ、このクリニックにずっと足を運んでも大丈夫だな、安心して通えるなと思えるようなところを選んでみるといいでしょう。

プラセンタ注射を受けて、自分が思う美と健康を手に入れましょう。

しみシワたるみ解消の切り札 最新治療が受けられる 美容皮膚科ランキング はこちら!
PAGETOP