しわシミたるみ解消ガイド ~福岡の美容皮膚科篇~ » 肌のエイジングトラブル解消法大事典 » 美容皮膚科とフェイシャルエステの違いとは?

美容皮膚科とフェイシャルエステの違いとは?

「ニキビ跡を何とかしたい」「毛穴の黒ずみが目立って嫌だ」こんなお悩みを抱えている女性も多いのではないでしょうか?

お肌のトラブルを改善したい場合、大きく分けて「美容皮膚科」で診療を受けるか「フェイシャルエステ」に通うかの2つの方法があります。

そこで今回は、美容皮膚科とフェイシャルエステそれぞれのメリット・デメリットやその違いを説明していきましょう。

美容皮膚科とは

皮膚科

美容皮膚科はあくまでも治療を目的として処置をする医療機関のことを指します。

基本的には医学的根拠に基づく範囲で美容に関して治療や施術が行われているため、フェイシャルエステと比べると確実性が高く安心できる処置と言えるでしょう。

また、美容皮膚科では通常の皮膚科で扱っているような皮膚のトラブルや病気の治療はもちろんのこと、最終的にお肌をキレイに整えるまでが処置内容に含まれます。

例えば皮膚のトラブルや病気の場合、症状が治っても跡が残ってしまうこともありますが、美容皮膚科では通常の皮膚科では扱われていなかったいわゆる「アフターケア」の部分までしっかりと面倒を見てくれるようになりました。

一例を挙げればニキビ跡にレーザーを照射しキレイに治したり、肌の凸凹にケミカルピーリングを施し整えたりすることも美容皮膚科では可能となっています。

美容皮膚科のメリット・デメリットとは?

まず、美容皮膚科の大きなメリットは以下の3点が挙げられます。

  • アフターケアが可能
  • 処置の内容や効果をしっかりと説明してもらえる
  • 医療機関だからこそ使用できる薬剤や医療器具による治療を受けることができる

美容皮膚科では先述したように皮膚のトラブルや病気を治療するだけではなく、アフターケアとして肌のコンディションを整えるところまで処置してもらえます。

また、美容皮膚科では医療機関として医学的根拠に基づいた治療や処置が行われているため、処置の内容や効果がどのようなものなのかしっかりと説明してもらえるはずです。

加えて、医療機関だからこそ使用できる薬剤や医療器具による治療を受けることができるのも、美容皮膚科の大きなメリットと言えるでしょう。

一方で、美容皮膚科には以下に挙げたデメリットも考えられます。

  • 高額な治療費がかかることがある
  • 施術内容によっては痛みや赤みを伴うことがある

美容皮膚科は医療機関のひとつとは言っても、基本的には保険適用外となります。

そのため、治療費もクリニックによって自由に設定されており、同じ施術でも料金が大きく異なることがほとんどです。

また、美容皮膚科ではフェイシャルエステなどと比べて高い効果が期待できる薬剤や医療器具を使用しているため、人によっては施術中に痛みを伴ったり施術後に肌の赤みやかゆみが起こったりすることもあります。

フェイシャルエステとは?

フェイシャルエステ

フェイシャルエステとは、主にエステサロンで行われている顔を対象にしたエステメニューのひとつです。

顔専用マシンや手技を用いてクレンジングやマッサージを施したり、美容効果が高いクリームやオイル、パックなどを贅沢に使って肌のコンディションを整えたり血行を良くしたりします。

フェイシャルエステでは、主に「フェイシャルマッサージ」「フェイシャルパック」「ピーリング」「ホワイトニング」などお肌のお悩み別にメニューが展開されています。

それぞれのメニューの詳細は以下をご覧ください。

フェイシャルマッサージ

エステシャンの手を使ったマッサージ。血液や老廃物の流れを促すことで、お肌のハリや弾力アップや小顔効果が期待できます。

フェイシャルパック

美容成分をたっぷりと含ませたパックを使用し、お肌に不足しがちな栄養分や水分を浸透させていきます。

ピーリング

古くなった角質や毛穴の汚れを除去します。

ホワイトニング

クレンジングやマッサージ、保湿を行いシミやくすみを改善します。

フェイシャルエステのメリット・デメリット

フェイシャルエステのメリットは以下の3点が挙げられます。

  • 料金がリーズナブル
  • トライアルコースを実施している
  • リラクゼーション効果を得られる

フェイシャルエステは美容皮膚科に比べてリーズナブルな料金設定となっています。

さらにエステサロンによってはいろいろなエステメニューのトライアルコースを展開していることもあるので、本格的に契約する前に実際の施術をお試しすることも可能です。

また、フェイシャルエステではエステシャンの手によるマッサージを受けることができるので、高いリラクゼーション効果が期待できます。

一方で、フェイシャルエステには以下に挙げたデメリットも考えられます。

  • 美容皮膚科に比べて効果や持続力が弱い
  • 定期的に通う必要がある

フェイシャルエステは美容皮膚科と比べて、どうしても施術の効果や持続力が弱くなってしまうことは大きなデメリットと言えるでしょう。

また、自宅でのセルフケアをしっかりと続けることで効果の持続は期待できますが、やはり定期的にエステサロンに通いケアしてもらう必要も出てきます。

美容皮膚科とフェイシャルエステの違いまとめ

美容皮膚科とフェイシャルエステの違いは大きく分けて以下の2点に絞られます。

  • 使用している薬剤や器具が違うので、効果や持続力に差がある(美容皮膚科の方が効果、持続力共に大)
  • 料金設定(フェイシャルエステの方が安価)

結論として、「費用が高額でも良いからキレイに治療してほしい」「しっかりと根拠がある治療を行ってほしい」という方は美容皮膚科がおすすめです。

一方で、「できるだけ安価で肌をキレイにしたい」「肌トラブルというよりは、乾燥や肌荒れが気になる」という方はフェイシャルエステをおすすめします。

しみシワたるみ解消の切り札 最新治療が受けられる 美容皮膚科ランキング はこちら!
PAGETOP