しわシミたるみ解消ガイド ~福岡の美容皮膚科篇~ » 肌のエイジングトラブル解消法大事典 » 頬のたるみ

頬のたるみ

法令線が目立ってきた、顎のラインがボヤけてきた…そんな変化が頬のたるみです。ここでは、頬のたるみの原因やセルフケア法、クリニックでの解消法などを説明しています。福岡のクリニックで受けられる頬のたるみ治療についても、紹介しています。

頬のたるみの原因

頬のたるみの原因としては、表情筋の衰え、皮膚深部の脂肪層の下垂、真皮のコラーゲンの減少などが挙げられますが、いずれも加齢と深い関係があります。

肌の弾力やハリは真皮層が支えているのですが、この真皮層が加齢などで衰えてしまうと、肌を支えることができなくなり、それがたるみを起こすのです。

頬のたるみの予防法

頬のたるみを予防するには、まず肌を乾燥から守ることが大事。肌が乾燥すると、しわだけでなくたるみが起こりやすくなります。しっかりと保湿ケアを行いましょう。紫外線も肌にダメージを与えて老化を促進させるので、しっかりとガードするようにしてください。

また、肌の正しいマッサージや、頭皮をほぐすことなども、たるみの予防・改善につながります。

頬のたるみのセルフケア

頬のたるみにはマッサージやフェイスエクササイズが良いようです。「い」の口をしながら頬をグッと上に上げる、小鼻から耳に向かい指で小刻みに筋肉を押す、手の平を顎に当てて耳に向かって頬を引き上げるように動かすなど、いろいろな方法があります。それぞれに効く部位が細かく異なるので、ちょっと時間ができた時に、順番に実践してみるとよいかもしれません。

福岡のクリニックで受けられる頬のたるみ解消施術

ここでは、福岡の美容皮膚科クリニックを調査した結果から、効果が高いとされている頬のたるみ解消治療を紹介します。

フェイスリフト

立体的なリフトアップが叶うのが3Dリフト。特殊な糸を使って切開せずにたるみを改善するフェザーリフトの一種で、円錐状のバイオコーンが向き合うように配置された糸を用います。糸の引上げ方向を360度調整することができるため、立体感のある希望どおりのリフトアップが叶うほか、適応部位が広いのも特徴です。

N‐COGリフトは、溶けるタイプのポリディオキサノン糸を肌に埋め込み、たるみを引上げるリフトアップ治療です。多方向に配置された棘(コグ)が、顔のたるみを引上げる力を補います。従来の糸によるリフトアップに比べ、糸挿入後に出す穴を開けずに済むため挿入部数が少なく済みます。また針先が丸い形状なので、内出血も抑えられます。

しみシワたるみ解消の切り札 最新治療が受けられる 美容皮膚科ランキング はこちら!
PAGETOP