しわシミたるみ解消ガイド ~福岡の美容皮膚科篇~ » 肌のエイジングトラブル解消法大事典 » 皮膚科と美容皮膚科の違いとは?

皮膚科と美容皮膚科の違いとは?

皮膚科と美容皮膚科の違いが分からないという人も多いのではないでしょうか。

例えば肌トラブルや皮膚に何らかの症状がみられる場合、一般皮膚科と美容皮膚科どちらを受診した方が良いのか、もしくはどちらでも変わりないのかなどは知っておいた損はないと思います。

そこで今回は、皮膚科と美容皮膚科の違いについてまとめてみました。

皮膚科は保険適用内、美容皮膚科は自費診療

皮膚科と美容皮膚科はどちらも医療機関なので医師が診察し治療していくということは共通しています。

しかし皮膚科が保険適用内で受診できるのに対して、実は美容皮膚科は保険適用外となりますので自費で診療を受ける必要があるということは大きな違いと言えるでしょう。

皮膚科は主に皮膚の病気やトラブルの治療を行う場所なので、他の医療機関と同じく保険診療扱いとなり、基本的には3割負担で治療を受けることが可能です。

一方で、美容皮膚科で行われている治療は保険適用外となることから料金をクリニックが自由に設定できるため、基本的には同じ処置内容でもクリニックによって値段が異なります。

使用する薬剤や医療器具が異なる

皮膚科の器具;

皮膚科と美容皮膚科では使用している薬剤や医療器具に違いがあります。例えば皮膚科ではあくまで保険適用内での治療を行う必要があるので、使用できる薬剤や器具が限られてしまい施術範囲も制限されます。

一方で、美容皮膚科では保険適用内で治療を行う必要が無いため、最先端の薬剤や医療器具を使った処置を行うことが可能です。

しかし患者の幅広いニーズに応えることができる反面、美容皮膚科では診療代が高額になるケースは多いためあらかじめ予算について医師としっかり話し合っておくことが大切です。

皮膚科は治療が目的。では美容皮膚科は?

医師

先述したように、皮膚科では皮膚の病気やトラブルを治療することを目的としています。

例えば水虫や湿疹、じんましんなどの疾患や皮膚の赤みやかゆみなどは専門的な知識を持っている皮膚科の医師に診察してもらった方が良いと言えますし、治療費も安価で済みます。

一方で、美容皮膚科では皮膚の病気やトラブルを治療するというよりは美容目的での処置をメインで扱っています。

簡単に言えば「肌をきれいにする」ことを目的とした、「見た目」の治療を行う場所が美容皮膚科です。

皮膚科と美容皮膚科では治療内容も違う?

皮膚科と美容皮膚科では皮膚の症状へのアプローチの仕方も異なります。

ここではニキビの治療を例にとって皮膚科と美容皮膚科の処置内容の違いを説明していきましょう。

皮膚科でのニキビ治療とは?

まず皮膚科では、ニキビの治療に際して内服薬や外用薬を処方するか、「面皰(めんぽう)圧出」という方法で物理的に処置を行います。

内服薬:軽度なニキビにはビタミン剤が処方される。悪化している場合は抗生物質が処方されることも。

外用薬:抗菌剤入りの軟膏やレチノイドなど。ニキビ予防として毛穴のつまりを改善するための薬が処方されることも。

面皰圧出:皮膚を消毒してからニキビに小さな穴をあけ、中身を押し出す治療方法。

皮膚科におけるニキビ治療は、基本的に外用薬を使用した処置からスタートします。しかしニキビの症状がひどい場合には検査を実施し、「面皰圧出」などの処置が行われることもあります。

美容皮膚科でのニキビ治療とは?

美容皮膚科では今あるニキビを治療するだけではなく、さまざまな方法でニキビに関連したトラブルを改善していくことが可能です。

そもそも従来の皮膚科ではニキビの症状が治まったら治療は終了とされてきましたが、美容皮膚科では治療後もニキビができないようにサポートしたり、ニキビ跡をキレイにしたりといったアフターケアの部分まで担っています。

また、美容皮膚科ではニキビ治療に際して、以下に挙げたようないわゆる美容目的の色が強い施術を受けることもできます。

ケミカルピーリング:医療用の薬剤を肌に塗布することで、毛穴の詰まりや古い角質の除去を促し皮膚を再生させる方法。

今あるニキビを治療するほかニキビができにくくなる、ニキビ跡を薄くなるといった効果も。

イオン導入:肌に微弱電波を流すことで美容成分をより深く浸透させる美容方法。

レーザー治療:特殊なレーザーを照射し、ニキビの症状を改善するほかニキビ跡を薄くさせる効果が期待できる治療方法。

レーザーの種類によってはシミやそばかす、あざなどを目立たなくさせることも可能。

まとめ

皮膚科と美容皮膚科の大きな違いは以下の3点となります。

  • 医療保険が適用されるかどうか(皮膚科は保険適用内、美容皮膚科は自費診療)
  • 使用している薬剤や医療器具(美容皮膚科では最先端の薬剤や医療器具を用いた治療を受けることができる)
  • 症状への処置内容(皮膚科ではあくまで治療のみ、美容皮膚科ではアフターケアを含むトータルサポートを受けることが可能)

基本的には、「気になる肌トラブルをできるだけ安価で治療したい」「なるべく早く治してほしい」という方は皮膚科の受診をおすすめします。一方で、「今ある症状だけでなく肌全体のメンテナンスもしてほしい」「シミ、そばかす、ニキビ跡を目立たなくさせたい」といった場合には美容皮膚科の方が向いていると言えるでしょう。

しみシワたるみ解消の切り札 最新治療が受けられる 美容皮膚科ランキング はこちら!
PAGETOP