しわシミたるみ解消ガイド ~福岡の美容皮膚科篇~ » 肌のエイジングトラブル解消法大事典 » シミ

シミ

ここでは、シミ(老斑)の予防法、セルフケアでシミを改善する方法、美容皮膚科で受けられるシミ治療のうち福岡のクリニックで受けられる最新治療などについて紹介します。

シミの原因

シミは、加齢やホルモンバランスの乱れ、紫外線によるダメージ、血行不良、ストレスといったさまざまな要因によって、メラニン色素の生成が活発化することにより発生します。

そして、ひとくちにシミといってもその種類は多岐にわたり、間違ったケアをしてしまうと逆に悪化する可能性もあります。

主な種類として、紫外線ダメージが蓄積されることでできる最も一般的なシミである老人性色素斑、小さい茶褐色のシミがまとまって左右対称に現れる遅発性両側性太田母斑、皮膚老化や紫外線ダメージに加えて遺伝的要因により発生すると考えられる脂漏性角化症老人性疣贅、火傷やケガなどの跡として残る炎症性色素沈着などがあります。

※「肝斑」「そばかす」については、それぞれのページでくわしく解説しています。

シミの予防法

シミの予防には、何と言っても紫外線対策をしっかりと行うこと。
陽射のまぶしい夏はもちろんですが、季節に関わらず紫外線は1年中降り注いでいます。毎日の紫外線対策を習慣づけるようにしましょう。

また、保湿ケアも大事です。保湿により肌の新陳代謝を正常に保つことができるので、メラニンの過剰生成を抑えることにつながります。毎日しっかりと丁寧に保湿を行いましょう。

シミを取る方法

美容皮膚科で治療をするということは、エステやセルフケアよりも効果が高く、短期間できれいになることができます。また、人間の皮膚の構成や、薬剤の安全性など、万が一の時はどうしたらいいかなどは、常に相談できる医師がいたほうが安心です。ただし、リスクが大きいということや高額というデメリットもあります。

自宅でセルフケアをする場合、安価で手軽に始められますが、カウンセリングなどがあまりできないので、自分の肌に合うものが見つけられないことや効果がすぐにみられないなどの欠点があります。

シミを消すには重ね塗りのコンシーラーや厚塗りのファンデーションが必要となってきますが、メイクにも限度があります。また、クレンジングでメイクを落とした時にシミが目立ち落ち込んだという人も沢山いるのではないでしょうか。

今すぐにでも効果を実感したいのであれば、医師に相談してみることをおすすめします。セルフケアは長年の積み重ねと、予防であり、できてしまったものを消すのであれば、美容皮膚科のほうが 効果的です。

福岡はシミができやすい!?

シミの原因のひとつの紫外線量は、地域によって異なっています。気象庁は全国の紫外線の分布図をまとめていますが、北と南では、南のほうが紫外線量は多いというデータがでています。

夏はもちろんのこと、年中通して福岡県は日本全体の中でも紫外線が多い場所です。UV対策をしっかりしておかないと、シミの原因がさらに増えてしまうので、気を付けましょう。

福岡でシミ取り治療が受けられるクリニック

表参道クリニック(元:NAOクリニック)

濃いシミに対しては、QスイッチYAGレーザー、レーザーフェイシャルが用いられます。

藤野クリニック

主に、フォトシルクプラス、ルートロトーニングが用いられます。

サクラアズクリニック天神

濃いシミに対しては、QスイッチYAGレーザー、毛穴もシミも同時に治療できるフラクショナルCO2レーザー、全体的に美肌を目指せるP-フェイシャルが用いられます。

メディアージュクリニック福岡

濃いシミに対しては、QスイッチYAGレーザー、部分的なシミ取りが出来るスポットチップ、Qスイッチレーザーが用いられます。

福岡アールスキンケアクリニック

美肌や若々しさを手に入れられるスーパーオーロラ SRA、光と高周波で同時に治療できるフォトRF(オーロラ)、オーダーメイドで様々な照射をしてもらえるフォトソールが用いられます。

ヴェリテクリニック福岡院

濃いシミに対しては、QスイッチYAGレーザー、光と高周波で同時に治療できるフォトRF(オーロラ)が用いられます。

きよかわ皮膚科クリニック

光と高周波で同時に治療できるフォトRF(オーロラ)、メラニンを少しずつ減らしていくメドライト(QスイッチNd:YAGレーザー)が用いられます。

行徳形成外科

光と高周波で同時に治療できるフォトRF(オーロラ)、光と高周波で同時に治療できるフォトRF(オーロラ)、濃いシミが取れるQスイッチYAGレーザー、様々な症状に効果的なフォトフェイシャルM22が用いられます。

しみシワたるみ解消の切り札 最新治療が受けられる 美容皮膚科ランキング はこちら!
PAGETOP